最新の関連ページ一覧

不動産の相続税評価額は低い方が良い

先日、仲の良い近所の奥さんと相続税の話になりました。
改正がされたことで、身近なものになったなんてところから話が始まり、不動産の話になりました。
相続税を課税される上で一番負担が大きい財産になるからです。
我が家にも相手の方にも、家と土地という不動産が存在します。
いくらくらいになるだろうかと考えあっていました。
しかし、途中から妙な話になりました。
互いに相手の家と土地の良くない点を挙げ出したのです。
間口が普通の家より狭い、玄関が北向きにある、大きな道路に繋がっていないなどと言った感じで、良くない点がどんどん挙がっていきました。
本来であれば、このようなことはしません。
にも関わらずしていたのは、良くない点が多いほど、家や土地の相続税評価額が下がると考えたからです。
自分の家、相手の家をけなすというのはどうも妙な感じでした。
買う時にはもっと良いところに住みたいなんて考えていましたが、相続が気になる今は、全く逆のことを考えてしまっています。

最新の関連ページ一覧

Copyright(c) 不動産 相続税 . All Rights Reserved.