最新の関連ページ一覧

不動産の購入で相続税を節税する

おかしな話に聞こえるかもしれませんが、不動産を購入することで相続税を節税することができます。
なぜ、節税できるのかというと、ポイントは相続税の評価方法にあります。
現金の場合、評価額はそのままです。
金額が変動することはありません。
対して、不動産の場合、購入時の金額よりも低くなります。
これは、取引上用いられる時価と、相続税の評価額の計算上用いられる時価とで、考え方が異なるなどの理由があるためです。
おかげで現金を不動産にしてしまえば、節税することが可能になるのです。
ただ、この節税策について一つ注意してもらいたいのは、無理な購入をしてはいけないということです。
購入額と節税額、どちらが大きいかと言えば、当然前者です。
現金のみで見れば、購入前と申告後では申告後の方が現金は少なくなっています。
そのため、購入するなら不要なものであってはなりません。
親族が住む場所にする、賃貸住宅として賃貸経営を始めるなど、有効活用するようにしましょう。

最新の関連ページ一覧

Copyright(c) 不動産 相続税 . All Rights Reserved.